生活音がうるさい兄に彼女ができた。その彼女もキーキー声で喋ったり、馬鹿でかい声で笑いまくる人だった。